沿革

いままでも、これからも、地域の皆様とともに

わたくしども西條商事の原点は、昭和16年戦時中の配給機関として始まった生活必需品小売組合。
戦後の地域の生活復興の基盤となる日用品の小売りを始め、そこは「主婦の店」となりました。
そして社名を西條商事とした後に、地域のお客さまから“しょーじさん”と呼ばれた「主婦の店」は、すべてのお店を「ショージ」に改称しました。

沿革
1941年(昭和16年) 賀茂郡生活必需品小売商業組合を設立。蔵田求が専務理事に就任、配給機関として活動を始める。
1951年(昭和26年) 蔵田完吾がくらた百貨店として家業を継ぐ。蔵田求が西條商事株式会社を創業し、小売店を対象に日用品の卸売りを始める。
1953年(昭和28年) 西條商事は西条町本町の本部に小売部を併設する。主婦の店として盛況を得る。
1963年(昭和38年) 西條商事の本社を中央通に移転し、小売部2号店をオープンする。
1968年(昭和43年) 磯松団地入り口に3号店オープンする。同時に店舗名称を「ショージ」に改称。
1972年(昭和47年) 蔵田完吾が社長に就任、多店舗戦略を打ち出す。以後6年間で、円城寺店、高屋店、八本松南店を出店する。
1974年(昭和49年) 有限会社くらたストアーを設立。蔵田憲が代表取締役に就任。
1979年(昭和54年) 本社を西条土与丸に移転。以後10年間で土与丸店、西条東店、豊栄店、黒瀬店、下見店を出店する。
1990年(平成2年) 蔵田憲が社長に就任。以後6年間で白市駅前店、平岩店、田口店、志和店を出店する。
1996年(平成8年) くらたストアーを、店名「カレンズKURATA」として改装オープンする。
1998年(平成10年) 田口店新館オープン、衣料品専門店「カレンズ」酒販を併設する。
1999年(平成11年) 白市駅前店新館をオープン。黒瀬店を新築移転をオープン。
2002年(平成14年) 高屋店を高屋駅前店として、新設移転オープン。
円城寺店を閉店し、新たに業務用食品スーパー西条店をオープン。業務用食品スーパー竹原店オープンをオープンする。
2003年(平成15年) カレンズ八本松店を衣料品専門店としてオープンする。
2004年(平成16年) 業務用食品スーパー東雲店がオープンする。
2005年(平成17年) 食品スーパーマーケットとして初めて広島市内に白木店がオープンする。カレンズ南店オープン。
2006年(平成18年) 業務用食品スーパー高陽店を新設オープンする。みどり坂店も新設オープン。
カレンズKURATAをリニューアルオープン。
2007年(平成19年) 下見店を新築移転オープン。
2009年(平成21年) 安古市に「ショージトマト」を新設オープンする。
2011年(平成23年) 白市駅前店を新築移転オープンする。世羅店新設オープン、世羅郡に初めて出店。
2012年(平成24年) 本郷店新設オープン、三原市に初めて出店。
2014年(平成26年) 蔵田至が西條商事株式会社の代表取締役社長に就任する。
2015年(平成27年) 食品スーパー:15店舗(東広島市:10店舗/広島市内:3店舗/世羅郡:1店舗/三原市:1店舗)
業務スーパー:4店舗(広島市:2店舗/東広島市:1店舗/竹原市:1店舗)
衣料品専門店「カレンズ」:2店舗(東広島市:2店舗)