西條商事について

経営理念

愛と真実の人道を基とし、
常に人々の健康増進と、生活文化の向上に奉仕する。

経営理念

私たちが考える「思いやり」

昭和26年、西條商事株式会社は、食品卸問屋から始まりました。
卸売業をするかたわら、地元のお客様からの要望に応える形で、店頭で商品を販売するようになりました。
「主婦の店」として出店した店は、いつしか「ショージ」という愛称で呼ばれるようになりました。
その愛称が私たちの店名です。

私たちが考える「思いやり」。
それは、このまちに暮らす一人ひとりの生活者の立場に立って考えること。
生活している皆様が不便に思われることを見つけ、解決していくこと。
そして、安心で、快適で、便利な暮らしができるよう、お手伝いすること。
これからも、地域の皆様の毎日の暮らしが豊かになるよう、‘プラス’を提案しつづけること。

私たちはこの「思いやり」を大切にし、生活者の暮らしを見つめています。

アイキャッチが「トマトの訳」

古来、ヨーロッパでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」とも言われた体に良いとされる野菜です。
それは、「新鮮」、「おいしさ」、「健康」を意味しています。

赤いトマトと黄色いトマト。
このふたつのトマトは、「物」と「心」を表しています。
私たちは、赤いトマトで「商品」・「サービス」を、黄色いトマトで「心」を表現しています。
様々な情報が飛び交い、めまぐるしく変わる食品小売業界の中で、商品・サービスに心をそえて提供していきたいと考えております。

また、ふたつのトマトは、働く私たち自身でもあります。
誠心誠意、お客様に対し応対する姿を表しています。
それは、私たち自身が信頼されるべき商品であるからです。
私たちは、トマトのように、「お客様に身近な存在でありたい」そう思っています。

業務展開

ショージ

地域No.1の食品スーパーマーケットを目指して

ショージ

「毎日の暮らしに思いやり。」をコンセプトに、トマトのマークが目印の、生鮮食料品を中心にした食品スーパーマーケットです。
お客様のニーズに対応し、いつも新鮮で、安心して買い物ができるお店、地域に必要とされる親しみやすいお店づくりに取り組んでいます。

エスタ

もっとおいしく。もっと安心を

エスタ

野菜、生肉は、国産のみ販売しています。
地産地消を推進し、東広島近郊の農産物、加工食品の販売をすすめています。
また、保存料などを使用しない自然食品コーナーや、添加物の少ない食品の品揃えに取り組んでいます。

業務用食品スーパー

高品質食材からおなじみの食品までエブリデーロープライスで提供

業務用食品スーパー

市販流通していない業務用食材を扱う一般消費者向けの店舗です。
ローコスト・ロープライスを実現し、安心で安全な確かな食材を提供。
一般のスーパーマーケットにはない異なった企画の食品構成で、業務店の方々やプロの味が食べたいなどという一般消費者のニーズに応えています。

カレンズ

実用衣料の専門店

カレンズ

毎日の生活に欠かせない実用衣料(肌着、靴下、パジャマ、エプロンなど)を中心に、婦人衣料、子供衣料(小・中学生の学生衣料)を品揃えしています。
中でも婦人衣料では品揃えの幅を広げ、お客様の快適な着心地、はき心地にこだわった開発商品(婦人肌着、ショーツなど)を取り扱っております。